/

この記事は会員限定です

プロ野球ドラフト、指名を分析 将来性重視や即戦力

[有料会員限定]

オリックス 上位4人に大学生

上位4人をポジションの異なる大学生が占めた。最速154キロ右腕の椋木は先発、救援ともに経験豊かで、中嶋監督は「球の強さもスライダーのキレもある」。野口は大学通算100安打に迫る好打者。福永は31歳伏見、26歳若月と争う強肩捕手との期待がある。

ロッテ 広畑3位に手応え

1位の松川はDeNA1位の小園と組む強肩強打の捕手。井口監督はともにプレーした城島健司氏のような「日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン