/

この記事は会員限定です

選手個人が主役の時代映す「ローレウス賞」

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

スポーツ界の「アカデミー賞」と称される「ローレウス世界スポーツ賞」で、テニスの大坂なおみ(日清食品)が女子の年間最優秀選手賞に輝いた。恥ずかしながら、同賞についてよく知らなかった。日本ではほとんど知られていない。あらためて調べてみた。

第1回の2000年以降、歴代の受賞者にはゴルフのウッズ(米国)、F1のシューマッハ(ドイツ)、陸上のボルト(ジャマイカ)、テニスのフェデラー(スイス)、S・ウィリア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン