/

この記事は会員限定です

松山マスターズ優勝 最後は1打差、逃げ切って悲願達成

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2位に4打差をつけて最終日を迎えるのは、昨年11月に勝った世界ランク1位、D・ジョンソンと同じ状況。とはいえ松山に油断はなかったはずだ。何より前日、マスターズ自己ベストの65をマークした自身が、後半の8ホールで6つスコアを伸ばしているのだから。

「朝からずっと緊張していて、最後まで緊張しっぱなしで終わった」。オーガスタでは何が起きても不思議はない。1番、12番とボギーをたたいた後にパー5が来る巡り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン