/

カーリング女子はカナダに快勝 スノボHPで平野歩が金

(更新)

北京冬季五輪第8日の11日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(TOKIOインカラミ)が1998年長野五輪で採用されたスノーボードで日本選手初めての金メダルを獲得した。

軸を斜めにしながら縦に3回転、横に4回転する大技「トリプルコーク1440」を決めて3回目に96.00点をマークし2位から逆転した。弟の海祝(日大)は9位、世界選手権王者の戸塚優斗(ヨネックス)は10位、平野流佳(太成学院大)は12位だった。

カーリングの女子1次リーグでロコ・ソラーレの日本は8-5でカナダを破り、初勝利で1勝1敗とした。

スピードスケートの男子1万メートルで、前回平昌大会10位の土屋良輔(メモリード)は13分2秒49で11位だった。ファンデルプール(スウェーデン)が自身の世界記録を2秒21縮める12分30秒74をマークし、5000メートルに続いて優勝した。

ノルディックスキー・ジャンプ男子個人ラージヒル(ヒルサイズ=HS140メートル)予選で、個人ノーマルヒル金メダリストの小林陵侑(土屋ホーム)が128メートルの121.3点で9位だった。佐藤幸椰(雪印メグミルク)は23位、中村直幹(フライングラボラトリー)は26位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は32位。日本勢は4人全員が12日の本戦に進んだ。

北京五輪特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン