/

この記事は会員限定です

川淵氏「世界の評価につながる五輪に」 森氏の後任受諾

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長就任を受諾する意向を示した日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏は11日、日本経済新聞の電話取材に応じた。「正式な手続きを経て選ばれれば、みんなの力を結集して世界中からの評価につながる五輪にしようと日本国民に呼び掛けたい」と意気込みを語った。一問一答は次の通り。

――受諾した理由は。

「まだ正式に会長になったと言えないが、森喜朗さんがああいう発言で苦難...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン