/

この記事は会員限定です

日本柔道、躍進支えた「世界一」の分析チーム

進撃の柔道ニッポン(3)

[有料会員限定]

東京五輪の会場となった柔道の聖地、日本武道館(東京・千代田)。熱戦の期間中、すぐそばに建つ科学技術館の一室を間借りした全日本柔道連盟科学研究部(科研)のメンバー約20人が入れ替わりながらパソコンに向かっていた。大会傾向を分析し、いち早く現場に届けるためだ。

日本代表を束ねる強化委員長の金野潤は「科研の分析能力は世界一だった」と裏方たちの奮闘を勝因の一つに挙げる。フランスやドイツといった強豪国も力を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン