/

小池、追い風参考10秒04で今季初戦V 出雲陸上100㍍

 男子100メートル決勝 10秒04(追い風参考)で優勝した小池祐貴(中央)=島根県立浜山公園陸上競技場

陸上の出雲大会が11日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、特別レースの男子100㍍決勝で小池祐貴(住友電工)が追い風4㍍の参考記録ながら10秒04で優勝した。多田修平(同)が10秒08で2着。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は左太もも裏の違和感で決勝を棄権した。

今季初戦だった小池は強い追い風にバランスを崩しながらも、速いピッチを維持して先着した。昨季より体重も絞れて動きは軽やか。「技術のチェック、冬の(練習の)成長を確認できた」。五輪イヤーの今季は200㍍ではなく100㍍を軸に戦うことを選択。「メダルを目指して頑張りたい」と目標を掲げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン