/

平野歩夢が金、スノボHPで日本勢初 意地の逆転劇

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
北京冬季五輪第8日の11日、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)の決勝が行われ、日本の平野歩夢(TOKIOインカラミ)が金メダルを獲得した。スノーボードで日本勢の優勝は初めて。平野歩は2014年ソチ、18年平昌の銀メダルに続く3大会連続の表彰台となった。
1選手が3回ずつ滑り、最高得点を争う決勝。予選1位の平野歩は3回目で96.00点を記録し、2回目の92.50点でトップに立っていたスコット・ジェームズ(オーストラリア)を逆転した。銀メダルはジェームズだった。
そのほかの日本勢は平野歩の弟・海祝(日大)が9位、世界選手権王者の戸塚優斗(ヨネックス)が10位、平野流佳(太成学院大)が12位。五輪を3度制し今大会を最後に引退するショーン・ホワイト(米国)は4位だった。

「小さい頃から追いかけてきた夢がかなった」。スノーボード男子ハーフパイプで、平野歩がついに頂点に立った。今大会で唯一、大技トリプルコーク1440(斜め軸の縦3回転、横4回転)を完璧に着地し、最終滑走者として滑った3回目で逆転。技術、集中力、すべてをぶつけ、ついにハーフパイプの王者となった。

2度目の銀メダルを手にした2018年平昌五輪のころまではぎらついていた平野歩の目が、スケートボードへの挑戦を経て、どこか柔和になった。

当時はスーパースター、ホワイトとの頂上決戦が騒がれた。「圧倒的な滑りをして勝つ」「結果を出さなければ説得力もない」。そんな挑戦的な言葉で、自らをあえて追い詰めた。14年のソチ五輪の銀から、目指すところはあと一つしかない。金メダルを取れなければ意味がない、とでもいいたげな表情には悲壮感さえ漂った。

それがスケボーに身を置いて3年以上のブランクをつくり、挑戦者に戻ることができた。「(平昌は)結果しか見ていなかったけど、今は自分自身のチャレンジとして向き合えている」。みんなうまい、と周りの進化を素直に受け止め、「失うものは何もない。気持ちを広く持ってやれている」。上だけを見て、北京への道を歩んだ。

編み込んだドレッドヘアに「イマドキ」のファッション。その風体だけをとらまえて、軽薄なイメージを抱けば実像を見誤る。昨年8月にスケボーでの東京五輪挑戦を終えて半年。「時間とも戦っている」といいながら、単に「戻ってきました」では終わらなかった。前人未到の超大技、トリプルコーク1440を披露するため、誰よりも厳しい練習を自らに課してきたと、周囲は語る。

トリプルコークを単発では成功させながら、ルーティン(技の構成)を貫徹できずに2位に終わった1月下旬の冬季Xゲーム。平野歩は米国に残り、巨大エアマットでからくり人形のようにこの技を繰り返した。多いときには普通の選手の2倍の1日70本近く、3時間半をかけて。「最後は(平野歩を乗せて運ぶ)スノーモービルの運転手の方が疲れ切っていた」(日本代表の村上大輔コーチ)

勝負を分けるカギとみられていたそのトリプルコークを、2位のジェームズを含め誰も出せなかった。決めたのは平野歩ただ一人。それも3回すべて見事に着地した。「練習のおかげなのかな、と結局は思った」と半年の重みをかみしめる。演技後、この日がラストランとなったホワイトと抱き合い、最大限の賛辞を送られた。「結果どうこうじゃなく、つながっている」というライバルにして友であるレジェンドから、今後のスノーボード界を引っ張るバトンを引き継いだ。

(西堀卓司)

北京五輪特集

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン