/

この記事は会員限定です

鈴鹿として止まるわけにはいかない(三浦知良)

[有料会員限定]

サッカーに絶対というものはないんじゃないかと思っている。そのなかでチームや選手は「これをやればうまくいく」と確信を持てる型を、毎日毎試合探りながら、つくり上げていく。

僕ら鈴鹿はそんなスタイルを確立すべく模索している途上でもあるだろう。中断期のここまで7勝3分け7敗。当初から、秋口まで五分でいければ悪くないと思っていた。そこから迷いなく勝ち進めるチームが昇格にたどり着けると、J2で昇格レースを何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカー人として

「カズ」ことサッカー元日本代表の三浦知良選手の連載コラムです。JFLの鈴鹿ポイントゲッターズで現役選手として活躍しているキングカズが感じたこと、日本代表や日本サッカーの在り方について考えたことをつづります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン