/

松山英樹、マスターズ優勝 メジャー日本男子で初

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
マスターズで優勝し、グリーンジャケットに袖を通し両手を挙げる松山=AP

ゴルフのマスターズ・トーナメント最終日は11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で行われ、松山英樹が4バーディー、5ボギーの73で通算10アンダー、278で日本勢として初優勝を飾った。29歳の松山は通算10度目の挑戦で、日本ゴルフ界の悲願を達成した。

全英オープン、全米オープン、全米プロ選手権を含めた男子ゴルフの四大メジャー大会で日本人が優勝するのは初めて。1980年全米オープンの青木功、2017年全米オープンの松山の2位が過去最高順位だった。マスターズでは01年の伊沢利光と09年の片山晋呉の4位が最高で、松山は15年の5位がこれまでの自己最高順位だった。アジア人としてもマスターズ制覇は初めてとなる。

試合後の表彰式で優勝者に贈られるグリーンジャケットに袖を通した松山は「この素晴らしいオーガスタナショナルでここに立てることがすごくうれしく思っています。そして、多くのファンの皆さん、ありがとうございました」と日本語であいさつし、「サンキュー」と大きな声で叫んだ。

アマチュア時代を含めて10度目の出場となった松山は今大会、初日2位と好発進した。2日目もアンダーパーでまとめて上位をキープ。そして3日目にマスターズ自己ベストの65をマークし、2位に4打差をつけて単独首位に浮上した。

最終日は重圧がかかる最終組のプレー。1番でボギースタートとなったが、前半3バーディーでスコアを伸ばした。優勝をほぼ手中にした15番からの4ホールで3ボギーと苦しんだが、1打差で逃げ切った。松山は優勝賞金207万ドル(約2億2700万円)と終身の大会出場権を得た。2位はザラトリス(米国)、3位にJ・スピースとシャウフェレ(ともに米国)が続いた。

松山は愛媛県出身。高知・明徳義塾高、東北福祉大時代からアマチュアで活躍し、11年にはマスターズで日本選手として初めてローアマチュア(27位)を獲得。13年にプロに転向すると、同年いきなり4勝を挙げて国内ツアー初のルーキーでの賞金王に輝いた。14年からは米ツアーに主戦場を移し、同年のメモリアル・トーナメントで初優勝。これまで米ツアーで5勝、国内ツアーで8勝を挙げていた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン