/

この記事は会員限定です

「バーゲンセール」化するサッカーW杯 隔年開催案も

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカーのワールドカップ(W杯)が32チームによって争われるのは、来年のカタール大会が最後だ。米国、カナダ、メキシコで共催される2026年大会から出場チーム数は48に広がる。アジアの出場枠も4.5から8に拡大する。

国際サッカー連盟(FIFA)の加盟協会は現在211だから、ほぼ4分の1が本大会に出場できる計算になる。

それで初出場のチームが増えれば、新鮮な空気がW杯に吹き込まれるのかもしれない。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン