/

この記事は会員限定です

新トップはプロバスケの立役者 外部の力でリーグ改革

ハンドボール新時代㊥

[有料会員限定]

45年の歴史を持つ日本ハンドボールリーグは4月、日本協会から独立して新法人(一般社団法人)を発足させた。そのトップ人事が注目を集めた。

代表理事に就任したのは葦原一正氏(43)。プロバスケットボールBリーグの初代事務局長を務めたほか、プロ野球オリックスやDeNAで事業戦略などを担当してきた、いわばスポーツビジネスのプロフェッショナルだ。「ハンドもプロ化か」。当然ながら、そんな反応が駆け巡った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン