/

長友、FC東京復帰が有力に 日本代表DF、2010年以来

ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選の中国戦で攻め込む長友ⓒJFA=共同

サッカー日本代表DF長友佑都(34)がJ1、FC東京への復帰が有力となっていることが10日、関係者の話で分かった。7月にマルセイユ(フランス)からの退団が発表され、欧州を軸に移籍先を探していたが、2010年以来の国内復帰を選択する方向。

運動量豊富なサイドバックで、明大在学中の08年にFC東京に入団。10年夏にイタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナ入りし、11年から約7年間、同リーグの強豪インテル・ミラノでプレーした。

日本代表では史上2位の国際Aマッチ127試合出場を誇り、ワールドカップ(W杯)は10年南アフリカ大会から3大会連続で出場している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン