/

この記事は会員限定です

サッカー日本代表・遠藤航 いかにして「奪取の達人」に

[有料会員限定]

2カ月後に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本代表の中盤の要を担う一人が遠藤航(シュツットガルト、29)だ。ドイツ1部・ブンデスリーガでデュエル(1対1の戦い)に勝ちボールを奪った回数が2シーズン続けてトップ。欧州に渡った4年間で、どのようにしてボールハントの達人としてドイツで大成できたのか。胸の内を尋ねた。(聞き手は岸名章友)

相手を捕まえ、ボールを奪う。そのための戦術の先鋭化が現代サッカーの潮流ともいえる。その先端をいくドイツで、日本選手がボール奪取力のトップランナーになっている。日々どんなことを心がけているのだろう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーワールドカップ

2022サッカーワールドカップ (W杯) カタール大会に出場する日本代表のニュースやコラム。大会日程は11月20日に開幕、決勝は12月18日。1次リーグE組の日本は11月23日にドイツとの初戦に臨み、コスタリカ、スペインと順に対戦します。選手たちの活躍の様子や試合の結果、分析などをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン