/

この記事は会員限定です

新興の新潟医療福祉大学、「泳がない」強化でメダル獲得

競泳ニッポンの潜在力(2)

[有料会員限定]

あまたの強豪校・伝統校に分け入り、日本の大学競泳界で急速に存在感を高めているのが新潟医療福祉大(新潟市)だ。水泳部創部18年目で所属選手が世界選手権の表彰台に到達。地方発の新興勢力は、従来の競泳ニッポンの常識にとらわれない異色の育成メソッドで輝きを放つ。

JRの駅から新潟らしい田園風景を車で約15分。2001年開学の新潟医療福祉大の校舎が現れる。05年、医療技術学部に健康スポーツ学科が新設される...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン