/

この記事は会員限定です

駅伝の雄・青学大、原イズムの根本は「記録より人間性」

箱根制した「青学道」(1)

[有料会員限定]

2015年以降、東京箱根間往復大学駅伝で4連覇を含む5度の頂点に立ち、青山学院大学は学生長距離界を代表する地位を築いた。今季は出雲駅伝、全日本大学駅伝で2位。箱根路でも優勝候補の一角と目される。メンバーが毎年入れ替わる学生スポーツにおいて、その座に居続けることは容易ではない。選手個々の能力の高さが近年の「駅伝力」の一因だが、様々な面で優秀な選手たちを引き付ける確かな土壌こそ強さの主因といえる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1799文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン