/

石川遼、18番痛恨のダボ ミス響き7位

最終日、16番でショットを池に入れて考え込む石川遼。通算13アンダーで7位だった=共同

15アンダーの首位タイで迎えた18番(パー4)。石川のドライバーショットは左の池につかまった。5番に次ぐこの日2つめのダブルボギーをたたき、18勝目は水の泡に。3番ウッドか迷い、強い逆風だったためドライバーを握ったもののうまくいかなかった。

16番でも第3打を左池に入れボギー。終盤3ホールで3打落とし「かなりもったいないミスが多かった。このゴルフで勝つのは難しかったかも」。ただスイング改造はいい方向に行っているという手応えも感じている。次戦以降が「すごく楽しみ」と前を向いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン