/

この記事は会員限定です

強気の3年22億円超 チームジャパンの未来かけた挑戦

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

日本オリンピック委員会(JOC)がスポンサー(協賛企業)を募るマーケティングプログラムを刷新した。傘下の競技団体(NF)の権利も可能な限り包括し「チームジャパン」として新たなブランド確立を目指している。契約額は最高位「ゴールドパートナー」で2022年から24年の3年間22億5000万円と超高額になった。

東京五輪・パラリンピックのスポンサーを優先して交渉を進めているが、金額を提示された側も驚いたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン