/

この記事は会員限定です

萩野、代表入りに晴れやか「背伸びせず泳げた」

[有料会員限定]

五輪連覇がかかった400メートル個人メドレーを捨ててまで、200メートルの代表入りにかけた。自己ベストには2秒以上及ばず、優勝も0秒02差で逃したが、萩野は晴れやかな笑顔で盟友の瀬戸と抱き合った。「この種目で決められてよかった。素直に代表権が獲得できて、すごくうれしい」

瀬戸との日本選手権での対決は3年ぶり。決勝は2人で「泥仕合になる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン