/

この記事は会員限定です

ホンダ熊本、劇的サヨナラ弾で決勝へ 都市対抗野球

[有料会員限定]

あと1死で勝利のところで痛恨の同点弾を食らったホンダ熊本だが、直後の九回裏に歓喜の瞬間が待っていた。先頭の4番、古寺が代わったばかりのセガサミーの2番手・陶久の高めの変化球を強振すると、高々と上がった打球は中堅へのサヨナラ本塁打に。ヒーローとなった主砲は「自分の一発で決めてやろうと思っていた」と喜びを爆発させた。

強打で勝ち上がってきたセガサミーと終盤まで息詰まる投手戦を展開。捕手出身の渡辺監督の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン