/

この記事は会員限定です

譲らなかった「マラソン2時間6分台」 心の壁破った覚悟

マラソン再興の舞台裏(3)

[有料会員限定]

2004年アテネ五輪で野口みずきが金メダルを獲得して以降、日本のマラソン界は存在感が薄れていった。アフリカ勢の台頭に押され、世界の高速化から取り残されていく。「駅伝がマラソンに悪影響を及ぼしている」。国内ではいつしかこんな指摘が挙がるようになっていた。

駅伝は日本の正月の風物詩。全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)があり、近年は箱根駅伝の人気も高まっている。いずれも陸上界にとって大きなコンテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン