/

この記事は会員限定です

錦織、随所にらしさも初戦敗退 感覚戻りきらず

(更新) [有料会員限定]

錦織らしくコートの縦横、高低までもうまく使って3次元なラリーを展開し、ネットプレーも光った。大会直前に「したいプレーに体の動きがついてこない」とこぼしたとは思えぬほど、錦織らしさが随所にみられた。

が、相手が悪すぎた。カレニョブスタはねちっこくボールを追い、時に体重の乗った鋭い球やサーブがガツンとくる。まだ勘が戻りきっていない錦織は、決めにいったショットがラインをわずかにそれるなど、要所でポイント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン