/

この記事は会員限定です

鶴竜が初場所休場、両横綱またも不在に

[有料会員限定]

大相撲の横綱鶴竜(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が初場所(10日初日・両国国技館)を腰痛のため休場することが8日、決まった。師匠の陸奥親方(元大関霧島)が報道陣の代表取材に明かした。休場は4場所連続で19度目。横綱白鵬も新型コロナウイルス感染で休場が確実となっており、初場所は3場所連続で初日から両横綱不在となる。

腰痛など相次ぐ故障に苦しむ鶴竜は昨年の計5場所のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン