/

フィギュア鍵山2位、宇野3位 羽生「穴にはまり」8位

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
北京冬季五輪第5日の8日、フィギュアスケート男子で94年ぶりの3連覇を目指す羽生結弦(ANA)はショートプログラム(SP)で95.15点の8位と出遅れた。冒頭に予定していた4回転サルコーでミスが出た。鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が自己ベストとなる108.12点で2位につけた。前回平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)も自己ベストの105.90点で3位。世界選手権3連覇のチェン(米国)が世界最高得点を更新する113.97点をたたき出してトップに立った。

五輪で無類の強さを見せつけてきた羽生にとって、異例の幕開けとなった。冒頭の4回転サルコー。踏みきりで氷に力が伝わらず1回転となり大幅な得点減。「ちょっと嫌われたなと。(冒頭のジャンプの)踏切直前に、他のスケーターの穴が存在していて、ちょうどはまってしまった」と振り返った。

並の選手ならずるずる引きずりかねないところだが、ここで持ち直せるのが王者のたくましさだろう。直後の4回転―3回転の2連続トーループは高さのある美しいジャンプ。3本目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)もスピードに乗って成功させた。

中盤以降は「序奏とロンド・カプリチオーソ」の細かいピアノの調べに合わせてステップやスピンを流れるように決めていく。

演技を終えると、右手を高々と突き上げた。一瞬ほほ笑んだ後、険しい表情が浮かぶ。ジャンプでミスをした付近の氷を触り、得点を待つキスアンドクライへ向かった。

序盤の2連続トーループは高い出来栄え点を獲得。ステップや3度のスピンは全て最高のレベル4と評価された。0点となった冒頭のジャンプ失敗だけが悔やまれる。好調であればSPで110点も超える羽生にとって、95.15は厳しいスコアか。

「演技が終わるまでは気持ちは切れていなくて、今までのSPのなかでも全体的にいい演技だったなと思う」。さばさばとした口ぶりで、来るフリーへ意識を切り替えていた。

鍵山は初めての五輪の舞台で冒頭の4回転サルコーなどすべてのジャンプを成功。「ジャンプは完璧にできた。きょうは(100点満点としたら)98点くらいの点数をあげてもいいと思う」と喜ぶ。宇野は4回転―3回転の連続トーループでバランスを崩した以外はほぼノーミスでまとめた。「自己ベストが出たのは驚きだが、成功したジャンプには納得がいっている。団体戦が生きた個人戦のSPだった」と納得の表情だった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン