/

この記事は会員限定です

過酷な条件重なり日本馬敗退 凱旋門賞制覇の道遠く

[有料会員限定]

欧州競馬の最高峰、第100回凱旋門賞(仏GⅠ、芝2400メートル)は10月3日、パリロンシャンで14頭が出走して行われ、ドイツの伏兵トルカータータッソ(牡4)が直線で外から鮮やかな追い込みを決めて優勝。ドイツ調教馬としては2011年のデインドリーム以来、10年ぶり3頭目の優勝を飾った。2~4着はタルナワ(牝5、アイルランド)、ハリケーンレーン(牡3、英)、アダイヤー(同)と人気各馬が入った。日本期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン