/

この記事は会員限定です

マラソン大迫6位「力は出し切れた」 後輩に夢託す

(更新) [有料会員限定]
札幌市の大通公園発着で争われる陸上の男子マラソンが行われ、世界記録保持者のキプチョゲ(ケニア)が終盤独走し2時間8分38秒で2連覇を達成した。今大会での現役引退を表明して臨んだ大迫傑(ナイキ)は2時間10分41秒で6位となり、日本勢2大会ぶりの入賞。

現役ラストレースを6位と、日本勢では2012年ロンドンの中本健太郎(6位)以来の入賞で終えた大迫は「自分自身の力は出し切れたんじゃないかと思う」とすが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン