/

この記事は会員限定です

映像解析で投球・選手動作もデータ化 技術向上に生かす

プロ野球新潮流㊤

[有料会員限定]

ヤクルトの20年ぶり日本シリーズ制覇で今季を終えたプロ野球界では、最新の映像技術などを活用した新たな試みが動き出している。新型コロナウイルスの収束後を見据え、チーム強化や画期的なサービス提供で野球の魅力を高めることは喫緊の課題だ。データに基づく選手の技術向上やファン開拓、若手を鍛錬する3軍制度拡充――。球界の最新トレンドを追った。

「打たれたときの球の変化量は? 握りとリリースの位置はどうなってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン