/

この記事は会員限定です

温泉旅館での議論 勝木紀昭

[有料会員限定]

会長職にある北海道エネルギーで「足元を見つめる目」、「見渡す目」、そして「遠くを見る目」の3つの視点が必要だと社内で説いている。発想の源となったのが、新日本石油(現ENEOSホールディングス)の役員や新日本石油精製副社長を歴任した加藤木覚さんとの、古びた温泉旅館での議論だ。

1996年、特定石油製品輸入暫定措置法(特石法)が廃止されたころ。役職が変わるたびに北海道に来られた加藤木さんと旅館に泊ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン