/

「5年後に黄金時代を」 ベイスターズ社長の新年の決意

横浜DeNAベイスターズ広報 小泉匡

新年あけましておめでとうございます。2022年も電子版コラム「プレーボールの舞台裏」をよろしくお願いいたします。

21年シーズンは三浦大輔監督の就任1年目であり、横浜DeNAベイスターズ10周年というアニバーサリーイヤーだったのですが、結果は6年ぶりの最下位となりました。しかしながら、牧秀悟、桑原将志、佐野恵太、宮崎敏郎の4選手が打率3割以上を達成し、シーズンオフには他の主力選手も含めてチームに残留。新戦力としては、10年ぶりに復帰となる藤田一也選手や神奈川県で高校時代を過ごした大田泰示選手を獲得したほか、ドラフト会議を経てプロ野球ファンの注目の的だった市立和歌山高・小園健太選手の入団が決まりました。さらにチームが日本一になった時のメンバーである石井琢朗さんや鈴木尚典さん、斎藤隆さんが新コーチに就任するなど、来るべき22年シーズンに向けて着々と準備が進んでいます。

球団は1月5日に2022年の仕事始めを迎え、代表取締役社長の木村洋太から社員に向けて新年の挨拶がありました。今回は木村の年頭の抱負を紹介する形で、球団がこれから目指す姿を皆さんにご紹介させていただきます。

木村「皆さん、新年あけましておめでとうございます。年末年始どのように過ごされたでしょうか。私は初詣のご祈祷(きとう)をしてきた際に『勝ち守り』を買ってきました。とはいえ、昨年末のM-1グランプリでモグライダーも言っていました。『いきなり天に運を任せるのではダメだ』『努力をしきった人が初めて祈って意味があるのだ』と。我々も人事を尽くして天命を待つといいますか、新型コロナウイルス感染の再拡大など懸念もありますが、どんな状況でもやれることはやって、秋にはみんなで喜べるような年にしたいと思っています」

10周年を終え、横浜DeNAベイスターズは新たな段階に入っていきます。それぞれの社員が先々を見据えて日々の仕事に向き合っていくことが重要だと木村は強調します。

木村「昨年終盤から折に触れて中長期計画というような話をさせていただいていますが、改めて皆さんと情報を共有して取り組んでいけたらと考えています。横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムとして、20年後に世界一のスポーツチームとなることを目標に、まずは5年間で世界最先端の取り組みをしているスポーツチームになっていくことを改めてここで皆さんと共有して、進んでいきたいと思います」

「横浜という市場規模はニューヨークには負けるかもしれません。しかし、他の米大リーグのチームと比べれば市場規模は負けないということを改めて我々の中で思い返し、高い目標を持ってこれから先の5年間を進めていければと思います。具体的に何をしていくのかはマネジャー陣と会議やワークショップなどを通して決めていきますが、ぜひ、従業員一人一人が自分たちの目標に落とし込んでいく作業をしていって下さい」

5年後の目標である世界最先端のスポーツチームとなるために、木村は3本の柱を示しました。

木村「5年後には国内ではベイスターズの黄金時代を目指していきたいと思っています。その中で3つの大きな考え方があります。それは『チームや試合の演出面、事業面を含めた、野球そのものの魅力を最大化して発信する』『新たなファン層を取り込んでいくために、新たな魅力作りを行う』『 試合にとどまらない意味で新たなチャレンジ、にぎわいを染み出させる』です。この3つの柱をもとに、自立と健全経営を進めていきましょう」

「これまで我々が強みとしてきた部分を一段と強化すると共に、新たな強みを得ていく5年間にしていくために中期経営計画を作っています。全体の目標を理解したなかで個人の仕事に打ち込んでもらえたらと思います。間もなくキャンプの準備が始まります。開幕に向けての準備も始まると思います。人事を尽くして天命を待ち、喜べる一年にしていきましょう」

1998年以来、24年ぶりの優勝を目指し、チームと事業の両輪で今年も頑張っていきます。ベイスターズの新たな取り組みを今年も発信していきますのでお楽しみに!

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン