/

この記事は会員限定です

テニス世界50位「犠牲を払う価値がある世界」伊達公子

日本女子テニストップ50クラブ㊤伊達公子

[有料会員限定]

伊達は1989~96年、2008~17年と2度の現役生活を送った。44歳になった14年もトップ100にいた。90年代はテニス界のことまで考える余裕はなかったが、2度の引退を経て強く感じた。「トップ50までいく選手は皆、色々なことを犠牲にしてテニスに情熱を注いでいる。なのに、引退すると力を発揮する場がないと感じた」

技術はあるのに、切り開く力が弱い

トップ50といえば、世界でも一目置かれるが、日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン