/

この記事は会員限定です

中東初のサッカーW杯、人権軽視で浴びる冷視線

W杯と世界と日本(3)

[有料会員限定]

「世界的な祭典を開く準備は整っている」。サッカーワールドカップ(W杯)開催まで約1カ月に迫った10月中旬、カタール大会組織委員会の最高経営責任者(CEO)、ナセル・ハテルは首都ドーハで開いた記者会見で胸を張った。中東初となる大会を前に、同国は急ピッチで準備を進めてきた。

カタールは秋田県とほぼ同じ面積の小国だが、豊富な天然ガスなどの輸出でめざましい発展を遂げる。欧州で強まる「脱ロシア」の恩恵を受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません