/

高木美帆、1500で銀 スピードスケート女子

(更新)

北京冬季五輪第4日の7日、スピードスケート女子1500メートルで高木美帆(日体大職)が銀メダルを獲得した。高木美は前回の平昌五輪も2位で、2大会連続の表彰台。同五輪では金、銀、銅1つずつのメダルを手にしており、通算4個は冬季五輪の日本勢で単独最多となった。佐藤綾乃(ANA)は4位、高木菜那(日本電産サンキョー)は8位だった。

フィギュアスケートの団体の日本は3位となり、この種目で初めてメダルを獲得した。フリーのペアで三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が2位と健闘、女子の坂本花織(シスメックス)は2位だった。

ノルディックスキー・ジャンプの新種目、混合団体で日本は4位だった。1チーム男女2人ずつ出場し、1人2回ずつ跳躍。日本は女子の高梨沙羅(クラレ)の1回目の跳躍がスーツの規定違反で失格となった。その後、巻き返したがメダルには届かなかった

スノーボードの男子スロープスタイル決勝で浜田海人(ムラサキスポーツ北海道)が8位、大塚健(バートン)は10位。アルペンスキー女子大回転の安藤麻(日清医療食品)は24位だった。

北京五輪特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン