/

この記事は会員限定です

IOCのルール緩和、アスリートの政治的主張どう変わる

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

東京五輪では、競技会場などで政治的、宗教的、人種的な主張や抗議を禁止するルールが一部緩和される。国や組織、人を標的にしないこと、妨害行為とならないことなどの条件が付くが、アスリートは競技の際の入場や選手紹介の時に、自らの政治的意見などを発信できる。ただ、表彰式や開閉会式、選手村でのそうした行為は認められないという。

五輪憲章は第50条で「五輪の用地、競技会場ではいかなる種類のデモンストレーションも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン