/

競馬の「日経」「NIKKEI」レース、2冠馬は出るか

1月5日にスタートした2022年の中央競馬は8、9、10日の変則3日間開催も終わり、16日には今年最初のGⅡ、日経新春杯が行われます。このレースは1954年に「日本経済新春杯」の名称で創設され、79年に現在の「日経新春杯」に改称されました。京都競馬場のスタンド改修工事に伴う開催日程の変更により、舞台は21年に続いて中京競馬場となります。優勝馬には日本経済新聞社賞が贈られます。同じく日本経済新聞社賞が贈られる重賞競走には、日経新春杯より1年早い53年に創設された中山競馬場で行われる日経賞(78年までは「日本経済賞」)があります。

「日経2冠馬」はこれまで2頭

日経新春杯と日経賞、東西の日経の名を冠した重賞競走を制した「日経二冠馬」は、グレード制が導入された84年以降、2頭出ました。2011年に日経賞、翌12年に日経新春杯を勝ったトゥザグローリー。15年1月の日経新春杯を勝ち、続く3月の日経賞で連勝したアドマイヤデウスです。トゥザグローリーの場合、先に勝った日経賞が東日本大震災直後であったため、例年の中山ではなく、阪神で施行されました。

20年の日経新春杯勝ち馬モズベッロは、続く日経賞では惜しくも2着。昨年の勝ち馬のショウリュウイクゾは既に引退しています。モズベッロや16日の日経新春杯優勝馬が、今年は3月26日に行われる日経賞を勝ち、「日経2冠馬」となるでしょうか。ちょっと注目したいところです。

日経賞はかつて、6月末から7月初旬に置かれ、グレード制施行直前の3回は5月半ばの東京で行われましたが、グレード制施行後は現在の3月末に落ち着き、天皇賞・春の前哨戦という性格がはっきりしました。日経新春杯の方は名前の通り、過去68回はすべて1月に行われ、ハンディ戦という条件も変わっていません。同じGⅡで長距離戦という共通点もあり、今後も「日経2冠」を狙える馬は出てきそうです。

ところで、「日経」の冠レースはこの2つのGⅡ以外にもあります。夏に小倉で行われる「小倉日経オープン」、夏の札幌で行われる「札幌日経オープン」。暮れの中京で行われる「中京日経賞」です。全国各紙の冠レースとしては、朝日新聞社の「朝日杯フューチュリティステークス」と「朝日杯セントライト記念」、毎日新聞社の「毎日杯」と「毎日王冠」、読売新聞社の「読売マイラーズカップ」、産経新聞社の「産経賞オールカマー」と「産経賞セントウルステークス」があります。地方紙でも京都新聞社の「京都新聞杯」や神戸新聞社の「神戸新聞杯」などがあります。

とはいえ、重賞競走2つに加えて各地の競馬場で冠レースの特別戦を3つ持っているのは日経新聞社だけです。以前から不思議に思っていました。日経新聞社の昔の人は競馬が好きだったのか……などと考えていたら、実際、題字が「中外商業新報」だった第2次世界大戦前から、競馬専門記者が予想に当たっていたということです。

ラジオNIKKEIの冠レースは2つ

私たちラジオNIKKEIの社杯、冠レースは、夏に福島で行われる3歳馬限定のGⅢ「ラジオNIKKEI賞」と、秋の「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス」があります。2歳ステークスの方はまだ歴史が浅く、21年が8回目でした。2歳時にラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスを勝ち、3歳になってラジオNIKKEI賞も制した馬はいません。昨年までの時点で、両方に出走した馬さえいません。また、残念ながらラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス勝ち馬で、後にGIを勝った馬も出ていません。昨年の勝ち馬であるジャスティンロックには、ぜひ期待したいものです。

仮に同馬が皐月賞や日本ダービーを勝ったら、その後にラジオNIKKEI賞には出走しないでしょうか。かつては1980年のハワイアンイメージや86年のダイナコスモスなど、皐月賞馬がラジオNIKKEI賞(当時は「ラジオたんぱ賞」)に出走して優勝したことがあるのですが……。ただ、現在のラジオNIKKEI賞はハンディ競走で、クラシック馬は斤量がかなり重くなるという問題があります。ちなみにラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスとラジオNIKKEI賞の両方を勝った馬に、ラジオNIKKEIから「ラジオNIKKEI2冠」を祝して特別賞が贈られる……という話は今のところ出ていません。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小林雅巳)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン