/

この記事は会員限定です

卓球ニッポン 「打倒中国」を夢でなく現実的目標に

千里眼 卓球 平野早矢香

[有料会員限定]

女子団体戦で日本は3大会連続メダルとなる「銀」を獲得した。2018年世界選手権団体戦でも決勝までしっかり勝ちきる強さはあったが、今大会でさらに他チームとの実力差は開いたと感じた。一方、決勝では中国にストレート負けだった。

石川佳純・平野美宇組のダブルスはサーブやレシーブから攻めのパターンが多く、プレッシャーはかけていた。伊藤美誠もシングルスで敗れた反省を生かして攻めていたが、相手は動じることがなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン