/

この記事は会員限定です

角界、土俵の応急徹底急ぐ 三段目力士が負傷後に死去

[有料会員限定]

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍の天野光稀さんが3月の春場所13日目に土俵に頭部を強打し、入院中の4月28日に急性呼吸不全で死去した。負傷と死因の因果関係は不明だが、取組で負傷した力士が亡くなるのは異例のこと。角界には土俵の安全対策の徹底が求められている。

天野さんは投げを受けた時に、頭から土俵に落ち、そのまま身動きが取れず5分以上土俵で横たわっていた。首から下のしびれとまひを訴えていたという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン