/

この記事は会員限定です

4大関の綱とりレース、一頭地抜く照ノ富士 夏場所

[有料会員限定]

大相撲の夏場所(両国国技館)は9日に初日を迎える。一人横綱の白鵬は右膝の手術明けで休場となり、2019年名古屋場所以来10場所ぶりとなった4人の大関による綱とりレースが熱を帯びる。

3月の春場所で3度目の優勝を果たし、21場所ぶりに大関への復帰を果たした照ノ富士が優勝候補の筆頭だろう。幕内復帰を果たした20年7月場所から朝乃山戦で5勝、貴景勝戦で2勝1敗(本割のみ)、正代戦で3勝1敗。4大関の中で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン