/

この記事は会員限定です

ぽっかりと空いた守護神の穴、阪神どう埋める 

[有料会員限定]

ぽっかりとあいた穴をどう埋めるかは、団体競技が常に抱える問題だ。阪神の場合は米大リーグ移籍した抑えの切り札、ロベルト・スアレスの後釜にだれを据え、救援陣をどう整備するかという難問を抱えたまま、25日の開幕に臨む。

スアレスは2020年にソフトバンクから移籍入団し、2年連続でセ・リーグのセーブ王になった。藤川球児が低迷して救援陣が苦しくなったときでもあり、「投のMVP」といえる存在になった。

阪神...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン