/

この記事は会員限定です

体操・村上茉愛 メダルへ強固な決意、弱い自分と決別

東京五輪エースの出番②

[有料会員限定]

「代表選手として久しぶりの合宿がすごく楽しくて、いい緊張感の中で幸せを感じながらやれている」。東京五輪を目前にした村上茉愛(日体ク)の充実した表情から伝わるのは、故障とコロナ禍を経て3年ぶりに日の丸を背負う喜び。そして、集大成となる2度目の五輪への確かな自信だ。

今大会で体操ニッポン女子は1つ以上のメダル奪取を目標に掲げる。1964年の前回東京五輪で銅メダルを獲得した団体総合での57年ぶりの表彰台...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン