/

この記事は会員限定です

萩野正念場、200個メVも五輪派遣標準記録届かず

競泳ジャパンOP

[有料会員限定]

昨年12月の日本選手権で復調の手応えをつかんだはずの萩野だが、五輪イヤーに入って低空飛行が続く。大会初日の400㍍個人メドレーでは高校生らに競り負け6位に終わると、この日の200㍍は優勝こそしたが派遣標準記録に0秒16届かず。「スピードや泳ぎの安定度が足りなかった」と淡々と結果を受け止めた。

爆発しきれない要因は冒頭のバタフライだという。「スピードを上げたい時に手脚のタイミングがずれて、脚が水面に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン