/

この記事は会員限定です

パラ連覇の「野獣」 車いすラグビー・バット(豪州)

チャレンジ! パラリンピック・世界から東京へ④

[有料会員限定]

健常者のラグビーで、国の代表としてプレーした選手に帽子(キャップ)が贈られることがあるのは人の知るところ。代表戦に出場した試合数は「キャップ数」とも呼ばれ、代表への貢献度を示すラガーマンの勲章となっている。

ラグビー強国オーストラリアで、史上最多キャップはSHとして長く活躍したジョージ・グレーガンの139。だが同国で、その2倍以上、300を超えるキャップ数を誇るのが、車いすラグビーのライリー・バ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン