/

盛田正明氏×伊達公子さん テニスを語る㊤

ジュニアの活躍 次代を握る

盛田正明・日本テニス協会名誉顧問㊨と伊達公子さん

大坂なおみ、錦織圭(ともに日清食品)の活躍で日本のテニスが盛り上がるなか、その将来を冷徹に見ている元世界ランキング4位の伊達公子さんと盛田正明・日本テニス協会名誉顧問。2人の対談は5月に94歳になる盛田さんを伊達さんが質問攻めにする場となった。 

2000年、元ソニー副社長の盛田さんの日本協会会長就任は〝事件〟だった。今も「週一を目安に」プレーする愛好家だが、門外漢だった盛田さんに「テニス界はずいぶん助けられた」と伊達さん。1989年のプロ転向以来、日本協会と接点を持ってきた伊達さんは「必ず(日本で)開催中に会場で観戦する会長は初めて。毎日朝から晩まで試合を見て、表彰式もいる。大きな変化だった」と話す。

「ソニーは社長、会長は常に先頭にいるから、それを実行しただけ。テニスは好きですし。最初に協会の収支を見たら大赤字で、エライことだと思った」。現在、日本協会の収入の約半分を稼ぐ楽天ジャパン・オープンも当時、「1万人入るスタジアムに1週間で2万7000人しか入らなかった」。

海外では観客の半分近くはスタジアム外で楽しみ、まるでテニス会場でピクニックしているよう。対して当時の日本は「試合しかなかった。ジャパン・オープンを日本の四大大会にしないと。テニストーナメントからテニスフェスティバルに変えよう」。会場そばの広場への出店を企業に依頼すると、毎年1万人ずつ観客が増加、6年近くかけ毎日1万人近く入るまでに成長した。

「選手の声を聞いてもらえるようになった」という伊達さんにとって、盛田さんの言葉で印象的だったのは「四大大会はジュニア部門が始まる2週目からが面白い」。

「何にしてもジュニアが増えないと大変なことになる。今、『テニスやろう』という若い子がどれくらいいるか心配」と盛田さん。この正月、テレビを見てもテニスの話題がない。「子供はこういうの(テレビに出る人)に憧れるんです。このごろ露出が少ないのがすごく心配。まっさらな人にテニスをやりたいって思わせるきっかけづくりをするのは、テニス協会じゃないかな。うまい解があればね……」と頭を悩ませる。

一つの光となりうるのが、19年ウィンブルドン・ジュニア選手権覇者で今年プロに転向する望月慎太郎。盛田さんが個人的に始めた、日本人ジュニアを支援する盛田ファンド出身だ。「どこまでいけるかわかりませんが、米国の有名なコーチも思ってもみないプレーをする子という。非常に面白いテニスですから、ああなりたいと子供に思われるところまでいってほしいですね」。(原真子)=WOWOWオンデマンドで映像を見ることができます

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン