/

この記事は会員限定です

歓喜の瞬間、声でアシスト 5人制サッカー・中川英治HC

パラ競技を支える

[有料会員限定]

「もっと左だ」「あと5メートル」「シュート!」――。視覚障害者が参加する5人制(ブラインド)サッカーの試合では、ピッチの外から選手に細かい指示が飛ぶ。シュートのタイミングやゴールまでの距離を伝えるのが、相手ゴール裏にいるガイドだ。日本代表でガイドを務めるヘッドコーチ(HC)の中川英治は、自身の声でチームの勝利をアシストする。

高校卒業後に北海道の地域リーグで選手としてプレー。引退後はサッカースクー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン