/

この記事は会員限定です

進化求め続けた剛球右腕 プロ野球・五十嵐亮太

引退模様(1)

[有料会員限定]

目いっぱい振り下ろした右腕の勢いに、体全体が持っていかれるかのような投球フォーム。2004年6月3日、ヤクルト・五十嵐亮太が投じた1球は当時の日本球界最速タイの158キロをたたき出した。

「思いっきり投げてた。(いま見れば)こんな投げ方で体が持つのかなってくらいに」。元来の鉄砲肩と「誰にも負けない」という練習量で培った剛速球。試合終盤のマウンドを牛耳った。

日本最速の称号を手にしたが、常に考えてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン