/

この記事は会員限定です

日本、1組3着で決勝へ 男子400リレー予選

[有料会員限定]
陸上男子400メートルリレー予選で前回銀メダルを獲得している日本は多田修平(住友電工)山県亮太(セイコー)桐生祥秀(日本生命)小池祐貴(住友電工)の4人で臨み、38秒16の1組3着で決勝に進んだ。

五輪2連覇中のジャマイカや2019年世界選手権銀メダルの英国、ブラジルなど強豪が同じ予選1組にそろった。日本は100㍍に出場した3人が予選敗退という憂き目にあい、男子短距離陣に追い風が吹いていたとはいえな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン