/

この記事は会員限定です

1部チーム半数、収益増へ「プロ」化検討 

NTTリーグワン 勝機と商機㊦

(更新) [有料会員限定]

ラグビーのNTTリーグワンは前身のトップリーグ(TL)と異なり、各チームが興行権を持ってスポンサー獲得やチケット販売を自前で行う。過去の他競技の「新リーグ」では興行権を外部に丸投げする例が多かった。

「日本初のプロラグビークラブ」をうたうのがヤマハ発動機から分社化した静岡ブルーレヴズ。親会社から従来同様の支援を受けつつ、外部からのスポンサー収入を初年度は3億円集める。東芝ブレイブルーパス東京も分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン