/

この記事は会員限定です

不器用で頑固、愚直に相撲道究める 元関脇・栃煌山

引退模様(3)

[有料会員限定]

指導者に言われた通りのことをやり続け、それを自分なりにかみ砕いて体に染み込ませる。言葉にするのは簡単でも、骨の折れることであり、生半可な情熱では続かない。スポーツ上達の肝とも言える愚直さを体現した力士だった。

運動神経は悪い。「特に球技は全然ダメ。マウンドからボールを投げても(本塁に)届かなかった」。だからこそ、好きで始めた相撲は強くなりたい一心で、学生時代の指導者や親方衆に言われたことを我慢強く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン