/

この記事は会員限定です

Jリーグ 川崎がベトナムでサッカースクール事業

[有料会員限定]

Jリーグ1部(J1)の川崎フロンターレがベトナムでサッカースクールを始める。最大都市ホーチミン市郊外のビンズン新都市で都市開発に取り組む東急子会社のベカメックス東急(ベトナム)と5月に基本協定を締結、地元の子供たちを対象に生徒を募り、9月の開校をめざす。海外でのスクール事業はJクラブでほとんど前例がない。

同市はホーチミンの東北約30㌔に位置し、外資導入による工業地域化と人口増が進む。川崎はクラブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン