/

「1位、驚いた」東京五輪代表に 池江璃花子の一問一答

女子100メートルバタフライで優勝し喜ぶ池江璃花子(東京アクアティクスセンター)=共同

池江の一問一答は次の通り。

――成績を見た瞬間は。

「タイムは58秒1ぐらい出ればと思っていた。57秒台が出るとは思っていなかった。順位が1と見えた瞬間に驚いた。順位の後にタイムを見て、リレーの派遣記録を切っていると思って、初めてうれしさというか、いろいろな感情がこみ上げてきた」

――思い出すことは。

「泳いでも誰にも勝てなかった時のことを思い出した。(2月に)一発目に100メートルバタフライを泳いだ時を考えても、活躍はまだ先のことかなと思った。優勝できてうれしいが、世界と戦えるタイムではない。さらにこれから高みを目指していきたい」

――東京五輪。

「うれしい気持ちはものすごくある。五輪に向けてさらにタイムを伸ばしていくのを目標にする。本番でタイムを上げられる練習をしたい」

――心の中の桜は何分咲きか。

「今は七分か八分ぐらい」

――どうしたら満開に。

「いつか五輪で金メダル、もしくはメダルを取れたらかなと思う」〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン