/

この記事は会員限定です

朝練伴走・声かけで駒大復活 箱根駅伝を振り返る㊤

[有料会員限定]

第97回東京箱根間往復大学駅伝は3日、駒大の13年ぶり7度目の総合優勝で幕を閉じた。9区が終わって3分19秒差からの歴史的な逆転劇。伝統校復活までの道のりには大八木弘明監督(62)の指導スタイルの変化があった。

「男だろ」。選手の後ろを走る運営管理車から聞こえる迫力ある声は、大八木監督を象徴する言葉として駅伝ファンの間で知られる。「(大事な)ポイントでしかいわない」という名文句は選手を奮起させるス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン